プロフィール

petpet55

Author:petpet55
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬 画像

デニム!!抱っこだワン!!(小型犬用:1.5kg〜7kg未満対応)(ドッグスリング:Lサイズ)【20070222宣言10】【お出かけ特集0405】【ウルトラポイント0920 お散歩】
商品価格:5,565円
レビュー平均:4.52

犬だらけ
DSC_0140犬だらけ ちがーう。 というわけで、矛盾だらけの世の中で風邪をひき、 更新も訪問も遅れているはっちゃんです。 ごめりんこ。 高いところが好きなあなたもどうぞお気をつけて。 さてさて。 犬だらけだったのは、先日名古屋で開催された 「ペット ...(続きを読む)



ペットの安楽死
ペットの安楽死14年もの間、共に歩んできた愛犬ココアが重度の病に侵され最期が刻々と近づいています。もうこれ以上の改善の余地は全く見込めず、まるで台詞を棒読みするかの様に「安楽死という選択肢もあります」との医師の軽率な発言に涙ながら逆上してしまい、ココアは自宅で最期を看取ると連れて帰ってきたのですが、日に日に弱って食事も取れずにヨダレを垂らして苦しそうな瞳と何かを訴えているかのようなか弱い声を聞くと、果たしてこのまま最期のお迎えが来るまでココアに苦しい思いをさせなくてはならないのか、それとも十分に頑張ったココアに対して「もう頑張らなくていいんだよ」って楽にしてやれるような道をを選ぶべきなのか、家族と何度も何度も話し合いましたが答えが出ません。ペットを飼ってる人間なら誰しも必ず避けては通れない愛するペットとの死別が今なんだと、何度も何度も言い聞かせてきましたが、今も目の前にいる苦しそうなココアを早く楽にしてあげたいという気持ちと、ココアと離れたくないという気持ちが葛藤してとても辛いです。もしココアが言葉を話すことが出来たのなら、何て言ってくれるのでしょうか?自分の独断で決めた事は、ココアは喜んで受け入れてくれるんでしょうか?もう頭がおかしくなりそうな程に悩んで悩んでいます。皆様のご助言を宜しくお願い致します。(続きを読む)



四肢失った犬の太郎に「勇気もらった」…宗像の児童が手紙
読売新聞
宗像市の獣医師、小森泰治さん(57)が、病気で四肢を失った雑種の犬「太郎」(オス)を連れて、同市立赤間西小で講演したところ、児童から「命の大切さがわかった」「勇気をもらった」という手紙が届けられた。講演を企画した同小の北崎康子教諭(48)と小森さん ...(続きを読む)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://petpet55.blog89.fc2.com/tb.php/162-9acfebb6

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。